ほうれい線。

2本の線なのに、あるのとないのとでは、

見た目年齢を大きく変えますよね。

顔のイラストに、ほうれい線を

2本描き足すだけで、あっという間に

老けた印象に…

今日は、その老け見えポイント

 「ほうれい線」の撃退方法 

ご紹介していきたいと思います!

 

こんにちは。

バグースの山下です。

ほうれい線が目立たなくなれば、

見た目年齢が一気にマイナスされますよね。

今日は、簡単にできるほうれい線撃退方法を

お伝えしていきます!

では、

はじまり、はじまり~

ほうれい線が目立つ3大要因とは?

敵を知ればあとは、

戦術を考えるだけです!←戦国武将か…(笑)

ということで、

まずほうれい線が目立つ3大要因とその対処法を

ご紹介します!

1つ目に「肌の弾力不足」

年齢を重ねると、みなさんも

ご存じの通り「コラーゲン」や

「エラスチン」が減り、お肌の伸縮を

担っているこれらの成分が

シワやたるみを作ります。

その根本的な原因とされているのが

「紫外線」です。

シミの原因とされている紫外線ですが、

 「シワやたるみ」の原因にも なります。

UV-A波といわれる紫外線は

コラーゲンやエラスチンなどの

お肌の弾力をつかさどる部分に

ダメージを与えます

しかもこのUV-A波、厄介なことに、

 「1年中、季節を問わず降り注いでいます」 

なのでUVケアをしっかりと行うことが、

お肌の弾力を守ることにつながる

と言えます。

2つ目は「乾燥」

乾燥するとお肌の水分保持力は

どんどんなくなります。

また以前にもお伝えしましたが、

加齢によるセラミド不足も、

 水分保持力の低下の大きな要因 です。

セラミドは細胞と細胞をつなぐ役割を

していますが、同時にお肌の水分を

逃がさない役割もしています。

角質層でのお肌の「ハリ」を支える成分

といっても過言ではありません。

潤いのあるお肌はお肌表面の

しなやかさがあるので、

表情を動かすという機械的動作でも

十分にお肌が対応してくれます。

よって、「シワができにくい」

と言えます。

だから乾燥のケアは必須なんです。

特に目元や、ほうれい線、口周りなど

は化粧水の重ね付けはもちろん、

保湿ジェルやクリームも冬場は特に

重ね付けするようにしてください。

お肌全体的に塗りのばした後には、

シワがある部分を埋めるように、

やさしく指の腹で化粧水や乳液、

保湿クリームを重ねづけするとより効果的です。

3つ目は「顔の筋肉の衰え」

3大要因の中で一番大きいのは

 「表情筋の衰え」 です。

お顔の表情は複数の筋肉によって作られています。

なかでも「大頬骨筋(頬骨から口角を吊り上げる筋肉)」と

「口輪筋(口周りの筋肉)」の2つの筋肉。

地味ですが「あいうえお体操」。

大きく「あいうえお」の口をして表情筋を

鍛えることは意外と効果があります!

顔ヨガもとっても効果的だと思います。

(やっているところを人に見られるとびっくりされますけど 笑)

また、口角をあげて常に笑顔を心掛けるというのも

ステキかな~と思います♪

気分まで上がりそうです。

 

 

いかがでしたか?

今日は

「ほうれい線の原因とその撃退方法」

についてお届けしました!

 

▼表情筋ケアに特化したメニューはコチラ↓

 

 

 

▼ハリ肌を作るための「セラミド」についてはコチラ↓

The following two tabs change content below.
エステ業界15年目。今までに担当させていただいたお客様は約1600名。年齢肌のお悩み専門としたマンツーマンで対応させていただくプライベートサロン「BAGUS」オーナー。『肌結果にこだわる、自分が本当に行きたいサロン』をつくるため日々邁進中。「また行きたい!」「来店するのを楽しみ」にしていただける「年齢より若く見えるお肌作りを得意とするサロン」をコンセプトにしています。得意分野は「皮膚科学理論」と「化粧品成分」と「英語」。5歳の男の子のママ。鉄道好きな息子の影響で、現在、自身も鉄道ファンに(乗り鉄)。好きなものは、旅行、おいしいものと読書。 【資格】日本コスメティック協会スキンケアマイスター、日本化粧品検定公式コスメコンシェルジュ®、化粧品検定1級、日本ダイエット健康協会 プロフェッショナルアドバイザー、日本成人病予防協会 健康リズムカウンセラー、内閣府認定日本セルフケア支援薬剤師センター 美容薬学検定1級、AEAJアロマテラピー検定1級、食生活アドバイザー2級 など美容健康資格マニアでもある。