「いつも使っている化粧品がヒリつく」

「粉をふいたようになる」

「乾燥がいつも以上に気になる」

「顔を洗ったあとに赤みが出る」

特に冬場、急に冷え込みが厳しくなると、

こういった肌トラブルが起こることがあります。

いつも使っているアイテムなのになぜ?

「いつも一生懸命お手入れ頑張っているのに~」

と悲しくなりますよね…。

でも大丈夫です!!

 

こんにちは。

バグースの山下です。

今日は冬場、特に急に冷え込みが厳しくなった

時期に出やすいお肌トラブルと

スキンケアのポイントについて

お伝えしていきたいと思います!

はじまり、はじまり~

原因は急な気温の低下によるもの

急に気温が下がるとお肌の 「皮脂の分泌量」 が減ります。

この皮脂は、皮脂膜を作っています。

皮脂膜とは、

お肌内部の水分が逃げないようにとどめる

「ラップのような」役割をしています。

そして、外部の刺激からお肌を守るための

「バリア」の役割も担っています。

しかし、冬場は、皮脂の分泌量が少ないので、

 この皮脂膜がうまく作れない ことになります。

よって、お肌は外的刺激に弱く、また内部の

乾燥が進んでしまいます。

ということは、「乾燥しやすく」

「敏感肌」になりやすいと言えます。

では、このような時期、どのようにスキンケアを

していけばいいのでしょうか?

一番に見直したいのが「洗顔」

一般的に、朝晩の2回洗顔をする人が多い

と思いますが、

季節やお肌質に合わせて

洗顔回数を変えるというのが

一番オススメです!

乾燥肌は1日に1回~2回の洗顔が目安です。

特に冬場、 洗顔料を使うのは夜の1回だけに して、

朝は、ぬるま湯ですすぐ程度にします。

皮脂膜を守るために、冬場は「落とす回数」を

減らすのがポイントです。

夏場は気温が高く、皮脂の分泌量も

寝ているときに汗をかくことも多いので、

朝の洗顔料を使って洗顔をすることで、

余分な皮脂や汗をリセットすることも大切です。

しかし、冬場はそもそも皮脂量が少ないので、

乾燥が気になるときや、お肌の赤み、

ヒリつきなど、敏感になっているな~と

思われるときには、朝はぬるま湯だけで洗顔を

されることをオススメします!

朝、洗顔料を使わずに洗顔をする日を

作ってみるとお肌の乾燥具合がかなり

違うと思います。ぜひやってみてくださいね。

冬場の乾燥・敏感肌を防ぐ洗顔方法

まず十分に泡立ててから、泡で洗うようにして、

優しく洗います

このときには水が35度くらいのぬるめの

温度が適温です。そして、すすぎを十分に行い、

髪の生え際やフェイスラインに

洗い残しがないかどうかよく確認してください。

そしてタオルでこすらないように

水分を抑えるようにしてふき取ります。

洗顔後、間髪入れずに保湿を!

洗顔後、水気はあっても皮脂は全くない状態

ですので、

 手早くスキンケアを行うことが重要 です。

化粧水は2度から3度重ね付けを行い、乳液を

使います。その後、保湿ジェルやクリームを

つけます。

美容液をお使いの場合には、

化粧水→美容液もしくは、

美容液→化粧水の順番です。

(美容液の種類によって順番が異なります)。

水性のものから油分の多いものや

粘度が高いもの

(さらっと水気の多いもの→とろっとしたもの

→クリーム状のもの)の順番につけると

覚えていただくと間違いありません。

これは油分が多いものを先につけると

水性のものは浸透しないためです。

しかしスキンケア製品も多くのものがあるので、

使用方法はそれぞれで確認をしてくださいね。

乾燥・敏感を避けるための冬場のスキンケア方法まとめ
  1. 洗顔は夜1回(クレンジング、洗顔料を使う)。朝はぬるま湯だけで洗顔を
  2. 水またはぬるま湯(35度程度)でしっかりとすすぎを。
  3. 洗顔後、間髪入れずにしっかり保湿

いかがでしたか?

冬の気温の低い時期、暖房などでもお肌が

乾燥しやすくなります。

洗顔方法を変えて、しっかり保湿

してみてくださいね。

何かひとつでも気づきがあれば嬉しいです♪

スキンケアやお化粧品に関するご質問があれば

ぜひ、LINEやサロンにご来店の際に

なんでも遠慮なくお尋ねください~。

 

そして、

定期的なサロンケアをしていただくことで、

その時期に出やすいお肌トラブルを

未然に防ぐケアができます!

スキンケアに関するご相談や

アドバイスなどもさせていただくので、ぜひ

わたしを存分にご活用くださませ~♪

冬の乾燥・敏感時期を乗り切る大切な成分「セラミド」

細胞と細胞の隙間を埋める「細胞間脂質」の

約半分はセラミドでできています。

この細胞間脂質、水分を蓄えて肌内部の水分蒸発を

防ぐとともに、細胞間の隙間を埋めて外部からの

刺激をシャットアウトしてくれる

優れもの成分なのです~♪

詳しくは下記の記事に書いています!

こちらもぜひお読みくださいね♪

 

The following two tabs change content below.
エステ業界15年目。今までに担当させていただいたお客様は約1600名。年齢肌のお悩み専門としたマンツーマンで対応させていただくプライベートサロン「BAGUS」オーナー。『肌結果にこだわる、自分が本当に行きたいサロン』をつくるため日々邁進中。「また行きたい!」「来店するのを楽しみ」にしていただける「年齢より若く見えるお肌作りを得意とするサロン」をコンセプトにしています。得意分野は「皮膚科学理論」と「化粧品成分」と「英語」。5歳の男の子のママ。鉄道好きな息子の影響で、現在、自身も鉄道ファンに(乗り鉄)。好きなものは、旅行、おいしいものと読書。 【資格】日本コスメティック協会スキンケアマイスター、化粧品成分上級スペシャリスト、日本化粧品検定公式コスメコンシェルジュ®、化粧品検定1級、日本ダイエット健康協会 プロフェッショナルアドバイザー、日本成人病予防協会 健康リズムカウンセラー、内閣府認定日本セルフケア支援薬剤師センター 美容薬学検定1級、AEAJアロマテラピー検定1級、食生活アドバイザー2級 など美容健康資格マニアでもある。