いよいよ本格的に寒くなってきましたね。

これからの時期、「目元、口元」の乾燥・小ジワや

ボディの乾燥が気になってきますね。

冬は気温や湿度の低下で

お肌が乾燥しやすくなります。

暖房器具の使用によってもお肌の乾燥が進みます。

加湿器を使用したりお洗濯ものを室内に干すなど

適度な湿度を保つように心がけたいですね。

さて、今回は

この冬に役立つ「乾燥肌のための4つのケア」

ご紹介したいと思います。

①乾燥肌のための入浴法

お風呂上りは一番水分蒸発がしやすいときです。

ボディーローションや

ボディークリームを塗るなら

“お風呂上り1番”に

脱衣所に用意しておけば塗り忘れも防げます。

「クリームなどのベタつきが気になる」という方は、

濡れたままの体にクリームやローションを

塗り伸ばし、その後に体をタオルで拭けば、

余分なベタつきはなく、

しっかり保湿された状態になります。

ぜひ試してみてくださいね。

②乾燥肌のための”食生活”

食事は、各種ビタミン、

リノレン酸(アマニ油、エゴマ油)、亜鉛などが

しっかりと摂れる内容にしましょう。

肉や魚、豆類、野菜、油分を

適度に摂ることも大切です。

また、睡眠を十分にとることは、

健康できれいなお肌を保つ成長ホルモンを

多く分泌させることにつながります。

”エイジングケアに「良質な睡眠」は欠かせない”

ということですね。

③乾燥肌のための”洗顔法”

洗顔をするときみなさんは、

お顔を熱いお湯で洗っていませんか?

食器を洗うときを想像してみると、

お水よりお湯のほうがよく油が落ちますよね?

お顔でも一緒で、

お湯での洗顔は”乾燥肌の原因”となります。

ぬるく感じる温度にして洗顔をしてみてください

これだけでもずいぶん乾燥が違ってきます。

お風呂で洗顔するときもシャワーの水量を増やして

温度調整をして洗顔をしてみてくださいね。

④乾燥肌のための”保湿成分”

お肌内部の水分を抱えて離さない成分が

入ったお化粧品でケアすることが大切です。

保湿力のある「ヒアルロン酸」

「コラーゲン(加水分解コラーゲン)」

ポリグルタミン酸

より保湿力が強いのが、セラミド、レシチンです。

お化粧品の成分表にこれらの成分が

入っているかどうか確認して

購入されると良いと思います。

 

いかがでしたか?

今回は

「この冬役立つ!乾燥肌のための4つのケア」

ご紹介しました。

”冬でも潤う”お肌づくりの

参考にしてみてくださいね。

 

The following two tabs change content below.
エステ業界15年目。今までに担当させていただいたお客様は約1600名。年齢肌のお悩み専門としたマンツーマンで対応させていただくプライベートサロン「BAGUS」オーナー。『肌結果にこだわる、自分が本当に行きたいサロン』をつくるため日々邁進中。「また行きたい!」「来店するのを楽しみ」にしていただける「年齢より若く見えるお肌作りを得意とするサロン」をコンセプトにしています。得意分野は「皮膚科学理論」と「化粧品成分」と「英語」。5歳の男の子のママ。鉄道好きな息子の影響で、現在、自身も鉄道ファンに(乗り鉄)。好きなものは、旅行、おいしいものと読書。 【資格】日本コスメティック協会スキンケアマイスター、日本化粧品検定公式コスメコンシェルジュ®、化粧品検定1級、日本ダイエット健康協会 プロフェッショナルアドバイザー、日本成人病予防協会 健康リズムカウンセラー、内閣府認定日本セルフケア支援薬剤師センター 美容薬学検定1級、AEAJアロマテラピー検定1級、食生活アドバイザー2級 など美容健康資格マニアでもある。