いつも使っているお化粧品でも使い方次第で

その効果を上げることができるんです。

今回はその方法を3つご紹介します。

①追いクレンジングで、ざらつき、毛穴の黒ずみを解消

小鼻や、アゴのざらつき解消には、

メイクをクレンジングで一度落とした後に

もう一度クレンジングを気になる部分につけ、

こすらず丁寧に、指の腹を使って汚れを

落とすようになじませ洗い流します。

その後洗顔料を使って洗顔します。

ピーリングや、毛穴パック、スクラブなどを

使わずにお肌に負担をかけることなく

スッキリできますよ。

やりすぎてしまうと、

乾燥を招いてしまったりするので

目安は多くても週に3回くらいがオススメです。

②化粧水はつけ方次第で小ジワ・毛穴対策に

化粧水は手のひらに出し、一度お肌全体に、

軽くなじませた後、

もう一度手のひらに出して重ね付けをします。

1回の量の目安は500円玉大。

この時に手のひらの、ぬくもりでプレスするように

丁寧に押さえていきます

体温で化粧水の浸透力がグッとあがります。

最後に毛穴の開きや、小ジワが気になるところに、

今度は指の腹を使って、

シワや毛穴を埋めるようにやさしく

丁寧に押さえてつけていきます。

コットンでつけるとコットンによる摩擦が

お肌に負担をかけますし、

化粧水も多く使わなければなりません。

手で毎日のお肌の調子を確かめながら

お手入れをすることで

格段にお肌の調子も変わってきますよ

③間髪入れずに潤いを閉じ込めて乾燥知らず

基礎化粧品のアイテムをつけるごとに、

浸透するまで待ったほうがいいのか?

と時々お尋ねいただくのですが、

化粧水が浸透するまで次のアイテムまでの

時間を置く必要はありません。

化粧水はほとんどが水分でできているので、

つけてすぐから蒸発が始まります

お時間を置かず”に、乳液、保湿クリームをつけて

フタをしてあげれば、しっかりと

潤いを閉じ込めることができます。

お風呂上りは特に水分蒸発のしやすいときです。

手早く”お手入れをしてくださいね。

 

いかがでしたか?

今回は「お化粧品の効果を上げる3つの方法」

ご紹介しました。

どれも、今日から”すぐに”「今あるものを使って」

できるお手入れです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

The following two tabs change content below.
エステ業界15年目。今までに担当させていただいたお客様は約1600名。年齢肌のお悩み専門としたマンツーマンで対応させていただくプライベートサロン「BAGUS」オーナー。『肌結果にこだわる、自分が本当に行きたいサロン』をつくるため日々邁進中。「また行きたい!」「来店するのを楽しみ」にしていただける「年齢より若く見えるお肌作りを得意とするサロン」をコンセプトにしています。得意分野は「皮膚科学理論」と「化粧品成分」と「英語」。5歳の男の子のママ。鉄道好きな息子の影響で、現在、自身も鉄道ファンに(乗り鉄)。好きなものは、旅行、おいしいものと読書。 【資格】日本コスメティック協会スキンケアマイスター、日本化粧品検定公式コスメコンシェルジュ®、化粧品検定1級、日本ダイエット健康協会 プロフェッショナルアドバイザー、日本成人病予防協会 健康リズムカウンセラー、内閣府認定日本セルフケア支援薬剤師センター 美容薬学検定1級、AEAJアロマテラピー検定1級、食生活アドバイザー2級 など美容健康資格マニアでもある。