せっかく脱毛のお手入れをしているなら

ムダ毛処理からも解放され、なおかつ、

つるんとした毛穴の目立たない美肌になりたい!

そう思いますよね?

今回から、3回にわたって連載で

「脱毛中、同時に美肌も手にするための

お手入れ方法とは?」

と題して、脱毛期間中の、

おうちでのお手入れについて

お話ししたいと思います。

 

こんにちは。

バグースの山下です。

脱毛のお手入れに来られる方からは

「毛穴のポツポツが人に比べて目立つので

目立たなくしたい…」

「お肌の黒ずみは目立たなくなりますか?」

「鳥肌みたいなお肌はキレイになりますか?」

などなど多数ご要望・ご質問をいただきます。

脱毛のお手入れ期間にいくつかの事を

気を付けてケアしていただくことで、

よりキレイなお肌を手に入れることは十分可能だと

思います!

もちろん脱毛が直接的な要因ではなく、

間接的にですが、相乗効果、プラスアルファとして

美肌を同時に叶えることはできます。

脱毛のお手入れ中の方はぜひお読みいただき、

ツルスベ肌を手に入れてくださいね!

では早速ご紹介してまいります!

はじまり~♪

保水、保湿がとにかくカギ!

これは脱毛のお手入れの前にも、

後にも言えることですが、

VIOビキニライン、ワキなどを除いて、ヒザ下や

ヒジ下、ヒジ上など、お手入れ部位は

日常的に保水、保湿をしっかりと

していただくのが一番だと思います!

乾燥があまりにもひどいと、

脱毛のお手入れ自体にも敏感になってしまい

肌トラブルの原因となることもあり得ます。

サロンによってはお肌の水分量を計測し、

お肌の水分量が少なすぎるとお手入れできないと

しているところもあります。

しかし、その逆で、

お肌がしっかり潤っている状態だと

お手入れ結果も出やすい傾向にあります♪

しっかり保湿することでお肌の

水分量が多くなり、お肌のキメも整い

透明感も出てきます。

そして、脱毛のお手入れによって

ムダ毛がだんだん減ってくれば、

毛穴の開きも目立たなくなってくるので

より美肌に近づいていきます♪

お風呂上りが一番お肌の水分量が減りやすいとき

なので、バスルームからでてすぐに、

お化粧水や乳液などでお肌をしっかりと

保湿してあげてくださいね。

しっかりとした保水、保湿ってどうやればいいの?

オススメなのは、お化粧水、そして乳液

「ボディークリームはどうですか?」

とよくお尋ねいただくのですが、

クリームなど、油分が多すぎるものは

毛嚢炎の原因となることもあるので、

脱毛のお手入れ中には、

油分があまり多すぎないものが向いています

「乳液」は適度な油分も水分も含まれているため

オススメです。

「ボディミルク」や「乳液」と書かれているものですね。

ボディ用でなくても

「お顔用」でももちろんOKです!

お化粧水は「水分を多くお肌に届けるのには

一番向いている」のですが、そのままでは

潤いが逃げてしまいますので、

油分を含む乳液などをあとからつけて

蒸発を防ぐことが大切です。

なので、お化粧水をつける時には、

お化粧水→乳液など(油分を少し含むもの)」

の順番でつけてあげてください。

少し手間はかかりますが、お肌はお手入れした分

必ず応えてくれますので余裕のある方は

ぜひやってみてくださいね。

「カミソリ負けしやすい方」の

自己処理後のケアとしても、

化粧水→乳液の二段階ボディケアはオススメです!

それから、「カミソリ負けによるお肌の黒ずみ」

をできるだけ早くなんとかしたい!という方にも

オススメです。

お肌の中に水分がたくさんあることで、

お肌のターンオーバーが整い、徐々にですが、

黒ずみもだんだん目立たなくなりますよ。

ぜひやってみてくださいね!!

 

脱毛中のお手入れをしっかり頑張ることで

ムダ毛からも解放されさらにはツルスベ肌も

手に入れましょう♪

今回は脱毛前後の「保水・保湿」について

お話ししました!次回もまた、キレイなお肌を

手に入れるために脱毛中にすべきこと

「その2」をお届けしたいと思います!

お楽しみに~♪

 

LINEでも毎週このような美容情報を

配信しています!ぜひご登録くださいね!

ご質問やご予約もLINEで受け付けております。

ぜひお気軽にどんなことでもご相談くださいね。

友だち追加

LINEでのお問合せは、お時間帯によってはご返信にお時間をいただく場合もございます。ご了承くださいませ。